腰痛には様々な種類がある|原因によって治療法が違う

ドクター

腰の痛みとの付き合い方

病院

腰に痛みがある人

腰痛持ちの人には様々な要因がありますが、その中には共通している点もあります。例えば、腰痛を抱える方の多くが、日頃から悪い姿勢をとっているということです。その理由は、腰の痛みから逃れようとして自然と痛みからの逃れる姿勢になってしまうからです。しかしそこにも腰痛をより強めてしまう危険があるのです。腰は体の一本の骨が通っています。その骨を姿勢が悪いことによって日々歪めて行ってしまうのです。そのため腰痛だからと言って姿勢を悪くすることは危険なのです。腰の痛みとは姿勢との戦いと言ってもおかしくないほど姿勢が強く関与しています。骨の歪みを作ってしまうと治すのには時間がかかってしまいます。楽な姿勢と言うのは一度身につくと中々変えることができないし治すのも難しいからです。

姿勢が悪いと

姿勢が悪いと言うことは体が楽な体勢をとっている状態です。そのため本来の姿勢なら弱まらない背筋が弱まって行ってしまうのです。背筋は自分の体に備わっているコルセットのようなもので体を支えてくれています。姿勢が悪くなってしまって筋肉が落ちてしまった場合姿勢を保つ筋肉が弱まってしまっているため中々戻すことが難しくなってしまっています。腰痛を治すには姿勢を治すことと背筋を鍛えなおすことを両方並行して行うことが治すことへの近道です。姿勢を治すだけでも効果はありますが中々姿勢を保つ筋肉が足りてないため姿勢を維持することが難しいです。最初は治すことが辛い状態です。しかし体が姿勢を直していけば正しい体の筋肉に自然と体が変化していきます。また、腰痛が悪化し過ぎるとヘルニアなどの危険性も高くなります。ヘルニアが悪化すると立てないほどの痛みが生じることもあるため、手足に痺れなどを感じた際には病院で診てもらうようにしましょう。