腰痛には様々な種類がある|原因によって治療法が違う

医者

腰の痛みとの付き合い方

病院

慢性的な腰痛を抱える方の場合、日頃の姿勢が悪いという方が非常に多いです。そのため、日頃の姿勢改善が腰痛の改善に繋がるでしょう。腰痛が悪化するとヘルニアの発症にも繋がるため、もし違和感等があればすみやかに医療機関を受診することが大切です。

詳しく見る

ストレッチが効果的

レディー

姿勢が悪いと、筋肉が凝り固まり神経が圧迫されて、腰痛となります。その腰痛を庇おうとして更に姿勢が悪くなるという悪循環に陥る人もいます。固い筋肉を緩めるためには、日頃からストレッチを心がけましょう。病院での治療では、温熱療法といった治療が有効です。また、コルセットでの装着での保存療法も良いです。

詳しく見る

予防することは可能

女の人

日本人には、腰痛で悩んでいる方が多くいます。ひどい症状でない場合は病院を受診する方は少ないですが、そのままにしておくと悪化してしまう場合があるので受診することで痛みを軽減することができます。また腰痛で知られるぎっくり腰には三つの原因があります。その行動に気を付けることで予防することができます。

詳しく見る

腰の痛みを治す

腰痛

腰痛の多くは病院でも原因が分からず、処方される痛みどめの薬や軟膏、湿布などで痛みを止める事しかできません。病院でも原因の分からない腰痛の場合には、腰まわりの筋肉のコリや衰えが、ゆがみや炎症を引き起こして腰痛となっていますので、腰回りの筋肉を伸ばす事で腰痛を改善する事が出来ます。また姿勢の保持に大切なインナーユニットを鍛える為には、呼吸や体幹トレーニングによって動きを活性化させる事で腰を守る事が出来ます。腰痛を慢性化させる原因としては、悪い姿勢で生活する事で一部の筋肉だけを緊張させて他の筋肉は使わず体のバランスが崩れる事が原因になります。物を拾う時には腰だけを曲げるのではなく、股関節やひざを使って取ったりするなどして普段から体全体を使うようにする事が大切です。

ぎっくり腰やヘルニアなど腰が痛くなる病気は多くあり、それぞれ違った治療方法が必要になります。間違った治療法を行う事によって腰痛を悪化させる原因になってしまう事もあります。ぎっくり腰は重い物を持った時や、急に立ち上がろうとした時に起こる急性の腰痛です。運動不足や筋肉疲労や無理な姿勢が原因と考えられるため、長時間座り続けたりする事を避けストレッチをするなどして腰への負担を軽くさせる事が必要です。椎間板ヘルニアの場合はひどくなると排尿障害が起こる事もあります。腰を酷使したりする職業や遺伝によるものもありますが、原因不明で発症する事もあります。治療方法は保存療法として安静にしながら薬などで痛みを緩和させるのですが、それでも痛みが治まらないようになると手術が必要になります。